コーヒーや紅茶も!多機能ウォーターサーバー

ウォーターサーバーからはお湯も出る

ウォーターサーバーは名前の通り水が出てくるサーバーのイメージが強いですが、実はウォーターサーバーの多くがお湯にも対応しています。一般的なウォーターサーバーの場合、約80~90度のお湯が出てくるのです。コーヒーや紅茶を飲みたい時にやかんや電気ケトルでお湯を沸かす必要がありません。ウォーターサーバーから出てくるお湯の温度は、コーヒーや紅茶を入れる温度として最適な温度です。熱すぎたりぬるすぎたりする失敗を避けられるのが嬉しいですね。 さらにウォーターサーバーのお湯は、厳選された美味しい水で作られています。水道水のように殺菌消毒のための塩素カルキが入っていないため、そのまま白湯として飲んでも美味しいのです。

コーヒーが出てくるウォーターサーバーもある

コーヒーや紅茶に最適な温度のお湯が出てくるだけでも便利ですが、ウォーターサーバーの中にはコーヒーがそのまま出てくる種類もあります。オフィスの食堂や商業施設のフードコートなどで見たことがある人もいるでしょう。コーヒーのみが出てくる家庭用のコーヒーマシンもありますが、コーヒーだけでなく水やお湯も出てくる機能の付いたウォーターサーバーもあるのです。 コーヒー機能が搭載されているウォーターサーバーは、サーバー1台分のスペースで水・お湯・コーヒーが楽しめるメリットがあります。毎日カフェや専門店でコーヒーを購入している人にはコーヒー機能付きのウォーターサーバーがおすすめです。自宅で本格的な味わいのコーヒーが毎日飲めます。