災害時の水の備蓄として

ウォーターサーバーで災害時の水不足に備える

日本は災害大国とも呼ばれ、台風や地震が多く、水道がストップするケースがしばしばあります。その場合の水不足に備えるためにもウォーターサーバーは有用なのですが、注意点は停電するリスクがあることです。このために、災害対策のためにウォーターサーバーを選ぶ時には、電気がなくても供水できるタイプを探した方が良いでしょう。特にボタン式のサーバーは、停電時では使用不可能になります。そこで選びたいのが、コック式やレバー式と呼ばれるタイプです。自分でコックをひねったりレバーを押すタイプの製品なら、重力を利用して水を供給できるため、停電時でも利用可能。停電時は冷却はできないのが難点ですが、飲み水としては不安でも、顔や体の洗浄に利用できます。

災害時に備えることの重要性

災害時に備えてウォーターサーバーを準備することは、特にお子さんがいる時や高齢者世帯では、積極的に検討しておきましょう。断水が長時間続くと、配給の水を受け取りに行く必要があります。この水を入れたタンクは重いですし、待ち時間も長いです。お子さんがいるファミリー世代では水の使用量も多いですから、サーバーがあった方が何かと便利。お子さんから目を離す時間も、短くて済みます。また、高齢者世帯の場合は、自身で水のタンクを持ち運ぶのは困難です。水分が不足すると熱中症や心筋梗塞の可能性も高まるので、こまめに水を補給するためにも、サーバーを用意しておく方が安心に繋がります。 他に、高層マンションの上階で暮らしている場合は停電・断水すると一大事です。エレベーターが止まると、階段を使って水タンクを運ぶことになりかねません。負担を減らすためにも、ウォーターサーバーが役立つでしょう。