水を加熱する手間を短縮したい人

お茶やコーヒーをよく飲む人

お茶やコーヒーにはアイスもありますがホットで飲むケースの方が多いかも知れません。アイスで飲むとしてもまずは熱湯を準備してから冷蔵庫で冷やす必要があります。どちらにしても事前に熱湯を用意する必要があり通常は水を沸かして準備しないといけないのでその手間がかかっていました。ウォーターサーバーには冷水と温水が利用できるようになっていて、温水に関しては熱湯に近い温度のお湯がすぐに利用できます。つまりはお茶やコーヒーを淹れるのにちょうどいいお湯が常に使える状態になっています。その都度沸かすとなるとどうしても数分ぐらいの時間が必要になってしまいますが、ウォーターサーバーであれば注ぐだけなので毎回の数分が節約できるでしょう。

赤ちゃんのミルクを作りたい人

赤ちゃんを育てるのに必要なのがミルクでお母さんが母乳を与えるのであればお湯などは必要ありません。ただお父さんがミルクを与えようとすると母乳は出せないので粉ミルクなどを使って赤ちゃん用のミルクを作る必要があります。赤ちゃん用のミルクは粉ミルクに人肌に温めたお湯を使う必要があり、水道水を使うにしても少し湯煎する時間がかかるでしょう。ウォーターサーバーでは冷水と温水がいつでも利用でき、人肌に温めたお湯であれば冷水と温水を混ぜればすぐに作れます。赤ちゃんがおなかをすかせたときは泣いて合図を出してくれますが、できればすぐにミルクを作りたいです。ウォーターサーバーであれば湯煎をする手間が必要なく、すぐにミルクができるので赤ちゃんを待たせません。